タイヤ

― TIRE ―

タイヤの劣化具合を目で確認するのはプロでなければ難しいもの。一見、大丈夫そうでも意外と劣化は進んでいるケースが多くあります。特に、信号でのSTOP&GOが多くなる街乗りでは、タイヤへの負担は大きくなります。買いものなど、普段から街乗りが中心な方は、特に早めのタイヤ交換をおすすめします。

タイヤへのこだわり
タイヤが支えるのは車体ではなく『命』 だからこそこだわる3つのポイント
  • 絶対にホイールを傷つけません
    ホイールはお客様からの大切な預かり物。万が一にも傷つけないよう、細心の注意を払い、丁寧に扱います
  • エアー漏れを起こしません
    タイヤ交換時にリムの内側をきれいに磨き、適切なバルブに交換します。パンクやエアー漏れを徹底的に防ぐためのひと手間を惜しみません
  • ハンドル振れがありません
    高性能のバランサーを使い、高精度のホイールバランス調整を実現します
タイヤの交換時期
未使用でも注意
経年劣化による交換時期は4年が目安です

タイヤ交換の目安として良く挙げられるのが「溝のすり減り具合」です。あまり知られていませんが、タイヤにはひび割れを防ぐ「ひび割れ劣化剤」と呼ばれる油分が含まれています。

これが時間の経過とともに抜けていくことで経年劣化が進むのです。輪ゴムも最初は弾力がありますが、放置しておくと硬化して弾力が失われます。

タイヤでも、これと同じ現象が起こっているのです。そのため、たとえ走行距離がゼロであっても、3~4年で表面にひび割れが見られるようになります。

タイヤのバーストを防ぐためにも、オートスタイルアドオンでは最低でも4年前後を目安に交換をおすすめしています。

タイヤを交換するメリット
乗り心地の向上

古いタイヤは長年の使用でゴムが劣化し柔軟性が失われごつごつした感じになってきます。偏磨耗もできて安定した走りは期待できません。乗り心地も日々低下していきます。新品タイヤへ交換すると滑らかな走りになり、乗り心地は一気に改善します。

安全性の向上

古いタイヤの多くは、タイヤの溝が減ったものです。タイヤの溝が減れば、タイヤと路面の間の雨水が効率よく排出されずグリップが失われます。新品へタイヤ交換すれば、雨水などの排水効率は改善されグリップが回復し、安全に運転できます。

燃費の向上

古いタイヤは、車が持つ本来の性能を失い車に負担をかけます。その為に燃費も悪化してきます。しかし、新品タイヤへ交換することにより、失われた車のバランスが取り戻され、その結果車に対する負担は軽減され燃費は向上します。

静粛性の向上

古いタイヤはロードノイズが大きくなってきます。昨今のタイヤは音の吸収性が良いスポンジ素材を使うなど飛躍的に静粛性が改善されています。走行音が静かになると会話が聞き取りやすくなったり、お気に入りの音楽が気持ちよく聴けます。

メーカーリンク