ライト

― LIGHT ―

車には数種類のライトが装備されていますが、その中もヘッドライトは夜間に前方を照らし、安全な走行をするうえで欠かせない重要なライトです。街中など明るい場所ではそれほど気になりませんが、郊外や山間部など暗い場所を走行する時、ヘッドライトの重要性を実感するはずです。

ライトへのこだわり
デザイン性・照度・色・寿命と
あらゆる要素を考慮したライト選び

ヘッドライトは夜間走行中の安全性を左右する重要なライトです。また、車の存在を周りにアピールするためのものでもあります。

たとえ車から歩行者が見えていなくても、歩行者からはかなり距離があっても車の存在を察知することができます。最近では、安全性プラスαでデザイン性を追求したカスタマイズを行なうオーナー様も数多くおられます。

オートスタイルアドオンは、安全性とデザイン性を追求した商品、カスタマイズ方法をご提案しています。

ヘッドライトの主な種類
LED

HIDやLEDは、ハロゲンに比べて、明るい光量を少ない消費電力で出します。HIDとLEDの消費電力は、ややLEDの方が少ないです。消費電力が少ない方が、点灯消灯によるバッテリーのトラブルを防げるので、バッテリーの小さい軽自動車などにはLEDを取り付けた方が良いでしょう。

HID

ヘッドライトは明るい方が見やすいです。そのため、ハロゲンのオレンジ色の灯りよりも、HIDの青みがかった色の方が明るくて視認性が高いと言えます。この光の色を数値化したものが「ケルビン数(K)」です。ハロゲンのオレンジ色から、徐々に白色や青色を足していき12000Kくらいになると、光を当てたものは青味が増します。

ハロゲン(白熱電球)

ハロゲンやHIDは、ヘッドライトを付けてから最高照度になるまでに時間が掛かり、光量が安定するまでに数秒掛かると言われています。この数秒が煩わしい場合には、もっと早いライトもあります。LEDはハロゲンやHIDとは発光の仕組みが違いますので、起動時間が早く、トンネル内でハイビームを使用する際にもパッと明るく照らしてくれます。

ヘッドライトを選び方
運転のしやすい明るいライトを選ぶ

ヘッドライトは明るい方が見やすいです。そのため、ハロゲンのオレンジ色の灯りよりも、HIDの青みがかった色の方が明るくて視認性が高いと言えます。この光の色を数値化したものが「ケルビン数(K)」です。ハロゲンのオレンジ色から、徐々に白色や青色を足していき12000Kくらいになると、光を当てたものは青味が増します。

トラブルリスクの低い消費電力の少ないライトを選ぶ

HIDやLEDは、ハロゲンに比べて、明るい光量を少ない消費電力で出します。HIDとLEDの消費電力は、ややLEDの方が少ないです。消費電力が少ない方が、点灯消灯によるバッテリーのトラブルを防げるので、バッテリーの小さい軽自動車などにはLEDを取り付けた方が良いでしょう。

明るくなるまでの起動時間の早さでライトを選ぶ

ハロゲンやHIDは、ヘッドライトを付けてから最高照度になるまでに時間が掛かり、光量が安定するまでに数秒掛かると言われています。この数秒が煩わしい場合には、もっと早いライトもあります。LEDはハロゲンやHIDとは発光の仕組みが違いますので、起動時間が早く、トンネル内でハイビームを使用する際にもパッと明るく照らしてくれます。

寿命の長さでライトを選ぶ

使用状況や頻度にもよりますが、ハロゲンの寿命は短いです。次にHIDで約2000時間程度です。HIDは消耗や断線を起こすことはありませんが、光量も落ちていきます。少し暗く、黄色っぽい光が出始めたら交換のサインです。そして最も寿命が長いのはLEDで約40,000時間です。こちらも寿命がくると徐々に暗くなってきます。人によってはまだ使えると判断することもあるでしょうが、最初に比べて光度が落ちたと感じたらもう交換のサインなのです。

自分でも取り付けしやすいライトを選ぶ

カーショップでヘッドライトの交換をお願いすると、費用が掛かります。その作業が自分でできれば、作業費をライト代に回すことができます。そのため、コスト感として、自分で取り付けできるかも重要になります。HIDはハロゲンと同じ仕組みになっているので、キットを購入すれば、自分で取り換えることが可能です。LEDライトには、女性や車の構造に慣れていない人でも、純正バルブを外してLEDライトを取り付けるだけのものもあります。

メーカーリンク