ドライブレコーダー

― DRIVE RECORDER ―

昨今、ドライブレコーダーの需要が急激に高まっています。愛車を守るためにぜひとも搭載したいドライブレコーダー。近年、多機能であることからどのドライブレコーダーを選べば良いのか迷う方も多いと思います。弊社ではドライブレコーダーの選び方はもちろん、お客様のニーズにあったご提案も積極的に行っております。

ドライブレコーダーへのこだわり
お客様への入念なヒアリングに基づく最適な提案

近年のドライブレコーダー需要の高まりで多種多様な商品が発売しています。お客様にとって選択肢が増えることは良いことですが、反面、「多すぎて迷う」ということもよく聞きます。

弊社ではお客様からの要望を入念にヒアリングし、求められる機能やご予算に対して最適な商品をご提案致します。

ご購入いただいた後も、お車への設置や使い方の説明、アドバイスはもちろん、万が一の不具合や、故障への対応といったアフターフォローも行っております。お気軽にご相談ください。

ドライブレコーダーを付けるメリット
事故での状況証拠としてだけでなく、
悪質ドライバー、イタズラへの抑止力にも
ドライブレコーダーを取り付けるメリットは多岐に渡り、使い方によっては無数にあります。
  • 事故(当て逃げ含む)の状況証拠として活用
  • 悪質ドライバーの走行妨害や煽り運転への抑止力になる
  • 車へのイタズラ行為に対する証拠と抑止力になる
  • 当たり屋からの被害に対する証拠と抑止力になる
  • 警察の誤認検挙に対する証拠になる
  • 自分や家族の運転技術のチェックが出来る
  • ドライブ動画の撮影、動画サイトへの投稿が出来る
昨今のドライブレコーダーは高性能・多機能です。ドライブレコーダーの動画そのものを楽しむこともできます。
ドライブレコーダー選びのポイント
商品仕様のチェックポイント
常時録画

「常時」というと、24時間駐車中も録画するように思えますが、ドライブレコーダーの場合はそうではありません。エンジンを始動すると同時に自動的に録画をスタートし、エンジンを切ることで録画も止まる機能をいいます。

手動録画

衝撃を検知していない状態でも、スイッチを押すことで上書きされない領域に録画できる機能です。たとえば、違法行為を目撃したときや、珍しい自然現象が起きたときなど、証拠や記念として残しておきたいシーンに遭遇したときに役立ちます。

G(加速度)センサー録画

内蔵のセンサーが急ブレーキや接触などによる一定以上の衝撃を検知した場合、衝撃のもととなるイベント前後の映像をmicroSDカードの別の領域に録画する機能です。常時録画中でも、上書きされない領域に記録することで、時間がたっても保護されます。

機能のチェックポイント
GPS

人工衛星からの電波を受信して、現在位置を測定する機能です。GPSを備えていればどこで撮影した映像なのかがわかり、再生するときに楽しめます。また、事故のときにも正確な場所を把握するのに役立ちます。

WDR機能

明るいところと暗い部分が同時に見えるときにカメラで撮影すると、画像が白くなる「白飛び」や、黒くなる「黒つぶれ」を起こしてしまいます。そんなときに、明るさを自動調整して、明暗差のついた見やすい画像にする機能です。HDR機能と呼ばれることもあります。

Wi-Fi

無線LAN機能のことです。スマートフォンと接続し、録画した動画を表示・再生することができます。スマホでリアルタイムの映像を確認したり、ドライブレコーダーを操作したりすることも可能です。

駐車監視機能

駐車中に起きたことを映像として残す機能です。G(加速度)センサー、動体検知センサーを搭載し、駐車中の衝突事故や車上荒らしなどの証拠を残すことができます。駐車監視機能に対応したほとんどのドライブレコーダーはエンジンを切っても作動するので、愛車を守る「目」として活躍してくれます。

リアカメラ

車の後方を動画・映像で確認できるリアカメラ。駐車の際の後方確認、煽り運転の証拠を残すなど、さまざまな場面で活躍してくれます。将来的に、煽り運転の検挙にドライブレコーダーが活用される可能性もあり、これからはリアカメラの搭載は必須といえるかもしれません。

全方位カメラ

車の前後左右、360°の死角なしで映像が残せるのが全方位カメラ最大の強みです。運転は常に危険と隣り合わせ。どこから迫ってくるか分かりません。事故発生時、一時停止無視など相手の違反行動を証拠として確実に残せる全方位カメラは、有事の際に強い証拠能力を発揮してくれます。

その他のチェックポイント
液晶サイズ

2.4インチ前後の製品が主流です。車内で映像を再生・確認したい人は大きいほうがいいですが、録画データをパソコンで見たり、Wi-Fi経由でスマートフォンに表示したりする場合はこだわらなくていいでしょう。

デュアルカメラ

カメラを2つ搭載し、車外だけでなく車内も撮影できる製品があります。
万一の事故に備えるだけでなく、旅行中の友達との会話などを記録し、後でみんなで共有したりできます。

カメラ画素数

現在は、フルハイビジョン解像度で録画できる製品が主流で、ほかの車のナンバープレートもきれいに記録できます。より解像度の高いモデルも出ていますが、4K解像度の製品はまだありません。

ドライブレコーダーの種類
タイプ別
常時録画型
現在の主流。エンジンが始動すると録画を開始

事故とは関係なくリアルタイムに録画する常時録画タイプで現在の主流の形です。エンジンが始動すると録画を開始します。欠点は事故に関係のない無駄な映像も記録してしまう事です。しかしながら、記録したいのは事故の映像だけでありません。例えば擦っただけなど衝撃と関係のない事故や交通取り締まり(信号無視、一旦停止など)にも使えます。

衝撃感知型
トリガータイプとも呼ばれ、
比較的安価なタイプ

衝撃感知型は、「事故の発生時のみ映像を残せる」という特徴があります。特徴としては、記録する画像に無駄がなく、大きなメモリーが必要ないところです。衝撃とは関係なく画像を記録する録画ボタンが付いている機種もあります。また事故が起こった直前の情報も、時間をさかのぼって録画しているので心配ありません。最近は比較的安価なモデルで、このタイプが採用されることが多いです。

多機能型
多機能、省スペースを実現する
オールインワン

ドライブレコーダーの機能だけでなく、車線変更警告や速度超過警告、防犯カメラ機能、さらにはカーナビやワンセグなど一台でいろんな機能を備えたタイプが発売されています。値段も3タイプの中で最も高価となります。カー用品は凝り始ると、ダッシュボード周りが乱雑になってきます。オールインワンは、省スペースに役立ちますし、あれこれ買うより結局お得なのです。

形状別
一体型
取り付けが簡単
持ち運びも可能

本体とカメラが一体になってるタイプで、セパレートタイプと比べると視界に入る部分が大きいですが、取り付けが楽というメリットがあります。ほとんどのタイプが接続が必要なものは電源部分だけです。電源部に乾電池を使えるタイプもあり、これなどは置くだけという印象です。さらに置くだけの場合、複数の車に付け替えたり、手に持って歩きながら使うことも可能です。

セパレート型
レコーダー部の寿命が伸び、
動作が安定

ドライブ・レコーダーの取り付け位置は、フロントガラス上部かダッシュボードの上が一般的ですが、ここに大きなものが来ると目障りなのは否めません。そこで、前方に必要なカメラ以外の本体を別にして、ダッシュボードや足元、トランク・ルームなどに設置するというタイプが分理型です。運転の視界を遮ることがなくレコーダーが直射日光に当たらないので、動作が安定するといわれています。

ミラー型
取り付けが容易で、
モニターを常時確認できる

純正のルームミラーにかぶせる形で固定します。フロントガラスに触れることがないので、取り付けは非常に容易です。他のタイプと比べても違和感が少なく、視界を妨げないため、車内空間がすっきりします。ミラー内にモニターを内蔵しているため、運転席側から常時、映像を確認することできます。

メーカーリンク