ドライブの際、音楽を楽しむときに必要なオーディオ。主にCDやラジオチューナーなどが一体になったメインユニットとスピーカーの構成です。昨今ではこだわりの音質や迫力のある音声での再生ができるなど様々な調整ができたりと、純正品にはない機能や魅力を持つ機種も数多くあります。

― 当店おすすめサウンドシステム ―
オーディオへのこだわり
オーディオの知識は一切不要
プロスタッフが選び方からしっかりサポートします

オーディオに求められる性能で1番大切なこと。それは「オーナー様にとって気持ちの良い音」を出せるかどうかです。

それは、高価なスピーカーやシステムでしか実現できないものではありません。たとえ安価なスピーカーであっても、オーナー様にとって「気持ちの良い音」が出せれば、そのスピーカーが正解なのです。高価=正解では決してありません。

オートスタイルアドオンでは、メーカーごとに様々なグレードの商品を取り揃えております。ご予算に応じて、オーナー様の求める音を実現できる最適なオーディオをセレクトさせて頂きます。

オーディオの音質向上
カーライフを楽しいものに
オーディオの音質向上はお任せください

オーディオの音質向上には様々な方法があります。

  • スピーカーを交換する
  • ヘッドユニットを交換する
  • インナーバッフル、デッドニングでスピーカーやドアの振動を抑える
  • ロードノイズを打ち消し、音に広がりを持たせる

オートスタイルアドオンでは、オーナー様と一緒に楽しみながら「求める音質」を追求させていただきます。スピーカーの音に不満を感じたら、まずは私たちにご相談ください。

オーディオの選び方
設置タイプ別の選び方
プレーヤー

さまざまなメディアに対応し、主に音楽を楽しむタイプの機器です。DVDに対応し、外部モニターに接続できるものは映像を楽しむこともできます。

モニター一体型

本体にモニターを搭載し、音楽はもちろん映像も楽しめるタイプの機器です。モニターサイズは年々大きくなっており、タッチパネルでの操作が主流となっています。

取付形状別の選び方
1DIN

横180mm×高さ50mmの大きさのメインユニットに、FM/AMチューナーやCDプレーヤーなどが搭載されています。現在の主流はこのタイプで、入門用から高級機までさまざまな機種があります。

2DIN

1DINと比較して高さが倍の100mmになったタイプです。サイズが大きくなったことで、CD以外のメディア(MDなど)への対応や、大型のディスプレイの採用など機能性や操作性がアップしています。

外部スロット
SDカード

画像や映像などのデータを記録するためのメディアです。大きさの異なる、SD・miniSD・microSDの3種類があり、幅広い機器で利用されています。

USBスロット

USBとは、Universal Serial Busの略で、USBメモリなどさまざまな周辺機器を接続するための端子です。

SDカード/USBスロット

U汎用性の高い、USBとSDカードに対応する端子です。

AUX

スマートフォンとオーディオをケーブルでつなげるだけで手軽に高音質で音楽を楽しむことができます。スマートフォンに保存したハイレゾ音源も、ほぼそのまま再生可能です。

ブルートゥース

ブルートゥース搭載モデルは、スマホと接続して利用できるのが特徴です。スマートフォンに保存した音楽をオーディオから再生することができます。

ハンズフリー

ブルートゥース搭載モデルを採用することで、オーディオ画像を操作してハンズフリー通話ができます。

メーカーリンク